やっぱり旅が好き*日本あちこち移動中*

つぶやき、ドローン関係、そして旅の記録。のんびり更新してます。

新しい税金

えぇぇぇぇ!!!!!(O_O)
 
国税って何ー?!
 
今日一番ビックリしたのは、この出国税についての記事。
 
しかも今日(1月7日)から徴収スタート。
いつ決まったんですか…?
全く知らなかったよ…。
 
せっかくなので、この出国税についてアウトプットしておこう。
 

国税とは?

 
国税は別名【国際観光旅客税】。
 
飛行機や船舶で日本を出国する人から、国籍を問わず、
1人1,000円を徴収するそうです。
 
※2歳未満の乳幼児や入国後24時間以内に出国する乗り継ぎ客などは対象外
 
 
1年に数回海外に行く私にはめっちゃ関係のある話。
 
 
 
国税って聞いて、真っ先に飛行機が浮かんだけど、
飛行機乗る人だけが関係あるのかと思ったら、
福岡の博多港から出ている韓国行きの高速船でも徴収されるって。
 
飛行機でも船でも出国には違いないもんね。
 
税収は訪日外国人のおもてなしなどに使われるそう。
 
まぁ、私は1000円くらいの税金ならいいかなって思ってます。
訪日外国人のおもてなしの為に使われるのなら( ^ω^ )
私たち日本人にとっても色々整備されるのはいい事だと思うし。
 
私だったらwifiが使える場所やスマホの無料充電ができる場所を増やしてほしいな。
観光地への移動が便利な場所に安価なゲストハウスとかもあると嬉しい。
あとは看板や案内表に英語表記を増やすことかな。
それと地震が多い日本だからこそ、万が一のためのハザードマップとかもわかりやすくしてほしいよね。私たち日本人は地震慣れしちゃってるところがあるけど、外国人旅行者の方だと、小さな地震でもとても不安だと思うから。


この出国税の税収がきちんと目的通りに使用されて、訪日外国人にとっても日本人にとっても設備が整って便利になることを願ってます。
 
 
 
そんな私は10日後に出国です(笑)
早速徴収されるんかなー。

歩きタバコ

今日は朝から残念なことがあった。

 

出勤途中の出来事。

会社の最寄駅から15分歩くんだけど、

今日は私の前を50代くらい男性が歩いていたの。

そしたら、その人が歩きタバコを始めたの。

駅周辺は【歩きタバコとポイ捨ては罰金】と書かれたポスターがあったりするんだけど、そこはもう駅から少し離れた場所だったから、そんな表記もなく…。

 

男性が吸っていたタバコの臭いと煙は後ろを歩く私の方へ。

 

私は歩くペースを落とし、距離をとった。

 

タバコの臭いは嫌いではないんだけど、すごく気分が悪かった。

 

注意した方がいいかなと思っていたら、

次の瞬間、その人は道端に吸い殻を捨てた。

 

本当にショックだった。

 

私の会社と同じ方向に行くから、

もしかして…と思ったら、部署は違うけれど同じ会社の人だった。

 

注意できなかった自分が悔しくて、

なんだかモヤモヤした。

 

駅から会社までは歩いて15分ほど。

 

いつも通る道だから、途中にコンビニがあって、そこでタバコが吸えるのも知っていたし、会社にももちろん喫煙所がある。

 

 

 

どうしてあの人はタバコ一本我慢できなかったんだろう?

 

 

 

こういう人の行動でタバコの印象が悪くなるんだよね。

ルールを守って決められた場所で吸って、灰皿がなければ携帯灰皿に吸い殻を入れてる人もいるのに。

 

私はタバコは吸わないし、これからも吸う予定もないけれど、

別に人に迷惑をかけなければ、タバコは悪いとは思わない。

喫煙者の方には公共の場では周りの人もことも考えて、思いやりを持って、

タバコを楽しんでほしいです。

一人のクリスマスも悪くない。

2018年のクリスマス、いかがお過ごしですか?

 

彼が遅くまで仕事な為、一人で過ごすクリスマス。

いつも通り掃除と洗濯を済ませ、

散らかったテーブルの上を片す。

 

クリスマスだからと言って、

ケーキやチキンを食べるわけでもなく。

でも、何かないかなぁと思って

ふと戸棚を見ると、

飲もう飲もうと思って忘れていたLUPICIAの紅茶があった。

f:id:yullytabi19:20181225182842j:plain

 

北海道、南千歳にあるアウトレットレラで購入した

北海道限定の紅茶。

 

北海道ロイヤルミルクティー

冷蔵庫には牛乳も入ってる。

 

よし、これにしよう。

 

お湯を沸かし、

お気に入りのCUPに注いだ。

 

茶葉の良い香りが広がる。

 

最近糖分を摂り過ぎていたので、

今日はノンシュガーで。

 

身体が温まる。

ほっこり、幸せな時間。

 

外に出なくたって、幸せはすぐそこにある。

 

 

 

 

実は昨日、職場の上司と面談があり、退職日が確定した。

周りから何と言われようと、私の人生は私が決める。

 

年齢考えたら転職は厳しいんじゃない?

今よりもっと生活が苦しくなるかもよ?

趣味を仕事にしたら、嫌いになるんじゃない?

もうこっち(関東)に戻ってこれなくなるよ?

みんな〇〇ちゃんのことを心配して言ってるんだよ?

 

周りから色んな声が聞こえてくる。

だけど今の環境のままでは満足できない自分がいる。

人手不足による過労にサービス残業

【仕方ない】と諦めて愚痴をこぼしながらダラダラと働くのか。

 

それとも、リスクを背負ってでも、新しい業界に飛び込むのか。

 

結果はどうであれ、私は挑戦し続けたい。

失敗するかもしれない、後悔するかもしれない、

正直私だって不安でいっぱいだよ。

だけど現状に満足して、何も挑戦しないまま40を迎えるのと、

厳しい道のりかもしれないけれど、新しい世界に飛び込んで

もがいてもがいて40を迎えるのとでは、経験値が格段に違う。

 

私はこの世界に生きてる時間を大切に、

色んな場所に行って、色んな人に出会って、

いっぱい経験を積みたい。

 

好奇心が止まらないから、

興味を持ったものはどんどん挑戦していきたい。

 

絶対負けないし、私は私の道を歩いてく。

また一つ歳をとりました。

2018年12月19日

 

 

 

 

 

母さん、父さん、産んでくれてありがとう。

 

 

無事に34歳を迎えられました。

周りは結婚、出産、

マイホームと忙しそうだけど、

私は相変わらずバツイチ、

収入の安定しない非正規雇用労働者。

それでも毎日小さな幸せを感じながら、

気の合う彼と二人で古いアパート暮らしを楽しんでいます。

 

お金があること=幸せ

結婚している事=幸せ

子供がいる事=幸せ

 

とは限らないからね。

もちろんお金はあるに越した事はないけれど、

私は最低限の生活ができれば、それでいいと思っています。

 

完全にストレスのない生活は難しいと思うから

ストレスの少ない生活が送れたらいいなぁ。

 

34歳は自分の好きな事、得意な事を活かした仕事ができるといいな。

 

このブログもちゃんと更新していかないとね。

4回目のタイへ

今回の予定はこのとおり。

 

11/22(木)

Air Asia XJ601
NRT9:15発→DMK14:05着。
Lion Air
DMK15:30発→CNX16:40着

 

初日から賭けに出た私。

よく遅延があるLCC利用な上、
どう考えてもトランジットの時間が短い。

 


そう予定通りにいかないのが旅である。

 

 


さっそく問題が発生(*_*)
行きの便が遅れてしまい、
ドンムアン空港に着陸したのは14:30。
友人からのLINEで、14:45に
Lion Airのカウンターが閉まることを知る。


どう考えても間に合わない。


年に一度しか見られないコムローイ。
見たかったなぁ…。


もうあきらめて私はバンコクに残るから、
チェンマイで楽しんできてくれと返事をした。


でも友人はあきらめなかった。
カウンターのスタッフに、

また本人は来ていないけど
web check-inが済んでいることを伝えたら、

今は航空券は発券出来ないが、

15:30のフライトに間に合うのであれば

良いと言ってくれた。


結局、飛行機から降りたのは14:45!
何としてでも乗りたい!
その気持ちでイミグレまで駆け抜けた。


入国審査の列はそんなに長くはなかったけど、どう考えても間に合わない人数。
そしたら運良く使っていなかったカウンターが開き、列は分散。
前に5人ほどいたけれど、
乗り継ぎの時間がないことを伝えたら入れてもらえたー!全員日本人だったのも運がいい。


無事入国を済ませ、次は国内線のLion airカウンターに向けて移動。なんせ乗り継ぎなんて初めてで場所が全くわからなかったので、色んなスタッフに聞いて回る。
エスカレーターを駆け上がり、
15:05にはカウンターに着いた!


受付スタッフに事情を話すと、航空券を発券してくれた。保安検査場はすいていたので、スムーズに通過。
急いでゲートまで向かうとそこにはまた長蛇の列。
どうやらみんなバスで駐機場まで行くようだ。


この列を見る限り、予定時刻には絶対出発しないことがわかった。


ここまで着たら安心。
と、周りを見渡し友人を探すが見つからない。


LINEを確認したら、今度は友人がまだチェックインカウンターで待ってることが判明!


…っていうか、

なんで私気づかなかったの?(笑) 


というわけで、今度は立場が逆転して、
友人が搭乗口まで走ることに。 


お互いドキドキ、ハラハラの出発。


今回の旅は一筋縄ではいかなそうだ。

布ナプ生活スタート!

届いたー!

 

f:id:yullytabi19:20181030210737j:plain

布ナプキン生活スタートさせます!!

 

布ナプキンのお店は色々あるけれど、

私はSoaLaさんで購入しました♩

f:id:yullytabi19:20181030221232j:plain

 

オーガニックコットン布ナプキンで、

デザインも可愛いし、お値段もお手頃だし、

初めて布ナプキンに挑戦する人はここがいいかも!

 

使い方も書いてあるので、安心です。

f:id:yullytabi19:20181030222202j:plain

f:id:yullytabi19:20181030222342j:plain

 

私の大好きなネコ柄が入ってました❤️

嬉しい(*^ω^*)

f:id:yullytabi19:20181030222448j:plain

 

このSoaLaさん

イベント出店や布ナプキン講座やセミナーも開催しているようなので、

気になった方は是非リンク貼っておくので見てみてください♩

 

SoaLaさん

www.soala.net

まだまだ成長中!

先日、友達がfacebook

素敵な動画をシェアしていたので、

ここでも紹介したいと思う。

 

 

 

植松努さんのTEDでのスピーチ。


Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

とても衝撃を受けました。

だって、私も同じような経験をしているから。

 

 

 

思うは招く。

 

私もそう信じています。

 

そして、私の体験談も読んでほしい。

 

 

 

2年ほど前のこと。

当時はアジアン雑貨のお店で販売の仕事をしていました。

ある日、同僚に夢の話をしたんです。

バックパッカーで東南アジアに行ってみたい。

できれば世界一周したいって。

当時働いていたお店には、世界中からきた商品たちが並んでいました。

これらの商品がどんな人たちの手で、どのように作られているのか。

背景がわかっていて接客するのと、

ただその商品が可愛いですよねー

って接客するのは全然違う。

私は商品を見るたび、生産国のことや、

職人さんがどのような暮らしをしているのだろう?

と考えていました。

 

そして同僚からは、

その年齢で出来るわけないし、危ないし、

その身体で重いバックパックを背負えるの?と言われました。

(私はガリガリ体系なので、よく病弱と思われる…。)

 

日本と比べれば、海外は危ないのかもしれない。

とはいえ、日本でも毎日事故や事件がある。

まだ何もしていないのに、その人に私ができるかどうかなんて、

わかるわけがないし、出来ないと決める権利もない。

 

夢を否定されて悔しかったから、

自分でも出来るんだって、証明したかった。

 

その後私は退職し、

Instagramで見つけたTRAVEL SHAREで、

20代前半の子達と一緒にバックパック一つで旅に出た。

 

初めての東南アジアは私の知らないことだらけで、

毎日が刺激的だった。

 

たくさん吸収して帰国した私は

考え方が180度変わった。

 

そしてその一年後に、

Kaoruと運命の出会いを果たす。

 

自信がついた私は、

帰国後すぐに1年後のタイ行きの航空券を取っていた。

アドレナリンMAXだった私は、完全に勢いで取ったと思われるw

 

出発当日は不安すぎて、

チケットを取ったのを後悔するくらい緊張していた。

機内で隣の席になった女性。

入国審査の紙を書いていて、

わからないところがあったので、その女性に聞いてみた。

 

その時に彼女の入国審査の紙をチラッと見たら、

苗字が一緒ではないか!(・Д・)

 

それがきっかけで話をしたら、

まさかの同じ血液型

歳は一つ違えど同じ誕生月

バツイチw

高校の時にCanadaのVancouverに留学経験あり

と、共通点が多々。

 

おまけに初めてのタイ一人旅

行きだけではなく、帰りのフライトも一緒!

 

こんなことある???

 

テンションが上がる二人。

 

どう考えても神様が私たちを出会わせてくれたとした考えられない。

 

初めて会ったのにも関わらず、

お互いタメ口で気も使わず、まるで姉妹のよう。

タイ滞在中は主に観光地を巡ったが、

タイに長年住んでいるKaoruの友人のS氏と一緒に孤児院にも訪問した。

 

そして帰国して3ヶ月が過ぎた頃、

Kaoruから連絡が来た。

 

子供達の明るい未来の為に、

二人で一緒にボランティアをやろう、と。

 

そして生まれたのが

www.colovearth.com

 である。

 

まだまだ始まったばかりで、

本格的な活動はこれからではあるが、

世界を救うヒーローの一人になることは間違いない。

 

今この地球上に存在している誰しもが

ヒーローになれる可能性があるということ。

 

どんな環境に生まれた人でも、

可能性があるんです。

 

そして、神様はちゃんと見てますよ。

 

あなたに必要な人に出会わせてくれます。

引き寄せてくれるんです。

 

ただ、行動を起こさないといけません。

自分を信じること。

出来ないことが多くてもいいんです。

あなたが出来ないこと、苦手なことを補ってくれる人が現れるから。

あなたは自分が得意なこと、好きなことをどんどん磨いていけばいいんです。

 

完璧な人なんていないんだから。

 

 

 

私は30代も半ばに差しかかろうとしていて、

独身だし、収入も低いし、古くて狭いアパート暮らしですが、

とても幸せだと思っています。

 

私もまだまだ成長中です!

 

本物のヒーローになれるように、頑張ります!!